chamaです。ナマステ。

さてさて皆様!
ご挨拶が遅れてしまい、大変申し訳ありませんでした。

このたびは!
11月1・2日(土・日)のイベント
四日市市市制111周年記念事業
「にぎわいの市」内:Stage Station Yokka!!にお越しいただき
誠に誠にありがとうございました!

準備時間が短かったこともあり、お越しいただいた皆様には
不快な思いをさせたことも少なからずあったと思います。
この場をお借りしてお詫び申し上げたいと思います。
大変申し訳ありませんでした。

そして、一緒にがんばってくれたCブレンズメンバーのみんなも、
ほとんどぶっつけ状態だったり、その場その場で指示が変わったり、
本当にごめんなさい。

準備時間が短かったなんて、ほんのいいわけにしかすぎませんね。

イベント終了すぐ、本当に参っていた時期がありました。
何もかもうまくいかなかったんじゃなかったのかって、ずっとずっと考えていました。
ちかげとの約束も手につかず、悪循環が続いていました。

でも、最初からうまく行くことなんてそうそうありません。

しかも、「何もかもうまく行かなかった」なんて言ったら、
来てくださった皆様にとってこんなに失礼なことはありません。

参加していただいた皆様は、本当に優しく、
つたない進行の中でも笑顔で楽しんでいただけました。

Cブレンズのみんなも、それぞれ機転を利かせながら、
その場を楽しんで、なんとかして成功させようと努力してくださいました。

これを「失敗」と言ってしまえば、すべての人を裏切ってしまう。

そう思えたから、今は「今できること」を一生懸命やっているつもりです。
みなさまに支えられた「Stage Station Yokka!!」をさらに価値のあるものにすることが、いまの私のつとめです。

もうゴメンナサイとは言いません。

あらためまして。
ご来場してくださった皆様方、本当にありがとうございました。

そして。
手伝ってくれたCブレンドの皆様、本当にありがとうございました。

今後もまたこのような機会があると思います。
そのための活動が現在水面下進行中です。
そのときには、さらにパワーアップしたchamaを見に来てやってください。

ゴメンナサイを、ありがとうに代えて。

そして、内外問わず、逆にゴメンナサイと言われないように。

感謝のご挨拶とさせていただきます。


よおおおし、もうしめっぽいのやめるぞおおおお


演劇集団Cブレンドも、
「ごめんなさい」より「ありがとう」の数が多い方がいいね。

時間がなくても、相手と自分に感謝するゆとりは持とう。
今回のイベントで学んだことね★


さあさあさあ!
楽しい舞台になりますよう、まずは私たちが笑顔で!


ちかげさんに便乗して△鬚△欧討澆泙后

こんばんわ、いとうです。

二日間、Stage Station Yokka!!のお手伝いをしてきました。
一日目の昨日はこにゅうどうくんになって、子供達に夢を与えてました。
大袈裟かもしれませんが、昨日リアルに感じた事です。
こにゅうどうくんになれば無条件で子供達は寄ってきてくれる。
写真やビデオ。沢山のメモリーに刻まれていくのを肌で感じました。
いつか、今小さな子供達がこの写真を見て思い出す事があると思うと
なんか胸がキュンってなりました。
小さい頃は着ぐるみが恐くて泣いてたのに(笑)

1日目終了後、二階のカフェにて交流会に参加させていただきました。
水谷さん、本当におめでとうございます!
交流会に参加できた事で、自分の夢に対してのお話もできて、とても楽しかったです!

2日目。Stage Station Yokka!!の司会進行をつとめさせていただきました!
今朝、ステージの台本の練習をしながらJR四日市駅までの道のりを歩いていたら
それに気付いてくださった警備の女の方が、緊張しないように声をかけてくださって
朝から気持ちがほっこりして嬉しかった〜。
問題の司会はステージ名のイントネーションから始まり(笑)
途中で無意味に下と唇をかみまくり、かなり緊張しました…。
でもとても楽しかったです。
たくさんの皆さんの笑顔が見れた事が一番の救いです!

これからこの二日間で頂いたたくさんの笑顔を
女子部屋の本番に向けて肥やしにして
モードを切り替えて練習に励みたいと思います!
11月1日、2日と、二日間にわたって開催された「四日市市市制111周年記念事業・楽しさいっぱいだよ市・市・市」
『Stage Station Yokka!!』終了いたしました。
お立ち寄りいただいたみなさん、ありがとうございました。
あいはらは、本日のみの出動でしたが、本日、盛り上がってくださったたくさんのお子様たち、ありがとうございました。

昨日、Bの東海大会が終わって、chamaに電話したら、
メンバーみんなにイベントの報告をブログにアップするように言ったから、たのしみにしといてね、的なことを言われたのだけど、
誰もまだ書いていない模様。

いちばんは主宰がいただいたぞ!

この後、宿題◆⊇病雖と、記事が続くことを期待します!!

さて、イベントですが、
たくさんの方々のご協力のおかげで、なんとか無事に終了させていただきましたことを、とにかく感謝したいと思います。
イベント主催者としてのスタートをきったchamaは、いろいろ工夫をしながらよく頑張ったと、
身内でこんなことを言うのもどうかと思いますが、本当にお疲れ様でした。
明日も片付けのほう、お任せしちゃいましたが、よろしくお願いします。

しかし、関係各所の方、またお客様方に、たくさんご迷惑をお掛けしたこと、
今後の反省に必ずつなげ、新たな力にしたいと思います。
イベント運営も、演劇集団Cブレンドを、これからよろしくお願いいたします。
結婚式の2次会とかも、どうぞ。

イベントの反省は、本来chamaが」やりたいですよね。出張ってごめん。
しかしコレは、私から報告せねばならんだろう。

『演劇集団Cブレンドプレゼンツ・コントライブ』
集客ができなかったり、周りのイベントとの兼ね合いもあり演劇を見せる環境ではない中で、役者3人は、本当によく頑張ってくれた。
婚姻届の成り行きを見に来た母の言葉を借りつつコメントしておきます。
安定感バツグンのモロオカ。
他の役者のフォローにしっかりまわりつつ、舞台を楽しんでくれていた。
「雰囲気」ある役者あゆみ。
彼女じゃないと、あの役は演れない。過酷な着替えもよくやってくれた。
そしてCブレマスコットキャラクターせーけ。
今日も「効果音」並みの「反応」が微笑を誘った。

「おもしろかった」という評価をいただいたにもかかわらず、今回の出来に決して満足していないのは、役者たちなんだろう。
演出としても、今回で終わりにするのはもったいなく思う。

今後、何かの機会に「再演」できたら、と思います。
そんな作品でした。

明日からは、第3回公演『女子部屋』に絞って取り組んでいきます。
応援よろしくお願いいたします。

11月1日・2日に行われる、
「四日市市市制111周年記念事業・楽しさいっぱいだよ市・市・市」
『演劇集団Cブレンドプレゼンツ・コントライブ』

バックステージ:演出あいはらちかげの苦悩編(第1話「母ごめん」)

なんのこっちゃの出だしで申し訳ない。
しかも、第2話以降の予定はありません。
この先、コントライブのネタバレが多少ありますが、
バレても支障のない程度ですので、どうぞそのまま読み進めていただいて、ええ。

道具に頼る具象芝居のあいはら的に、
毎回、小道具集めがけっこう大変だ。たのしいけど。
今回は「酒の空ビン」が要るってことで、頑張って焼酎を空けたりしている。

そしてこの芝居、「婚姻届」が必要となる。書いたのは中原だ。
やっぱり「ウソ婚姻届」じゃ駄目なので、ホンモノを市役所にもらいに行こうと思った。

しかし、まぁ、あいはらの勤務スタイル的に、市役所が開いている時間にフリーにはならず、
「明日、仕事休みですよ♪」というせーけも、うら若き乙女なので気が引けて頼めず、
どうしようかと思案していて、母が、市役所に勤めていることを思い出した。

おぅ。母にもらってきてもらえばいいんじゃん。

と、思って電話した。稽古場から。

私の実家は、自宅から車で15分くらいの、比較的近いところにあり、その気になったらいつでも行けるのだけれど、
結婚してからというもの、毎日夜おそくまで、さらに休日返上で働いているので、
なかなか両親に会いに行くことができないでいる。
電話もメールも、ついついご無沙汰だ。
「便りが無いのは、仕事忙しくて死にかけてる証拠」な娘である。

それで、久しぶりの電話である。夜10時に。遅くにごめんね、と。

どうしたの?と聞く母に、
「あ、急なお願いで悪いんだけど、婚姻届、もらってきてくれない?」

「・・・は?」

苦笑いで固まる母。

いやいや、実は芝居の小道具で…とひとしきり説明をし、
そういうことならと協力を承知してもらったが、
なんだ、娘め、2度目の結婚をしようとしているのか、とでも思ったか。
思わないですね。
これが「離婚届もらってきて」だったら、母は青ざめたに違いない。
中原へ。
離婚届が必要な芝居は書かないでくださいよ。

で、今朝、母から報告が。
窓口の人に、大変親切にしてもらったらしく、
書き方の紙とかもらって「わからなかったら窓口で説明しますのでね」とまで言ってもらえ、

「なんか神聖なものとして渡されたよ。罪の意識…」
と、若干へこんでいる。

ごめん母。そして市役所の人。
いい芝居作りますんで、許してください。

と、いうわけでコントライブ『イエス・マリー』

見所は、母が気まずい思いをしてもらってきてくれた婚姻届です。
11月1日・2日に行われる、
「四日市市市制111周年記念事業・楽しさいっぱいだよ市・市・市」
『演劇集団Cブレンドプレゼンツ・コントライブ』稽古日、ふつかめです。
081028_210658.JPG
例の、モロオカの「唯一いいセリフ」ですけども、
センターポジションどころか、「いいセリフ」ですらなくなりました。
ごしゅーしょーさまです。
だから、こういう芝居なんだってば。

セリフもだいぶ入れてきてくれまして、
多少ブランクのあった役者陣でしたが、
本来の持ち味を思い出してきた感じの出来上がりです。
調子乗りキング・モロオカが、殊勝に仕込むネタを、採用してやったり、してやらなかったりしながら作っております。

と、いうわけで、本日の名言は、
セリフを入れて余裕を作ったモロオカの、明日へ向けての抱負。

「今日、徹夜でネタ考えよ」

※特典画像
ダメ出し中、小道具をふと頭に乗せるせーけ。
081028_213208.JPG
「トイレットペーパーの妖精ですよ。」
なんでも、紙がなくなったときに現れるんだそうです。