はらはら劇場が無事終演しました。
演者も裏方もシャッフルしてお送りした今公演、はらはら、していただけましたでしょうか?

つつがなく進行した公演の裏で、Cブレンドは未曾有の事件に見舞われていました。





中華オードブル20人前です。

「華夏料理 福」と「中国料理 福州」のものを、それぞれ10人分ご用意いたしました。
当社比2倍です。豪華。

今公演で制作チーフを拝命したときから、ケータリングは「福」の中華と決めていました。好物なので。

本番2日前に予約の電話を入れたとき、仕事で疲れていたんですかね、「福州」に掛けていたみたいです。やっちまいましたね。

本番当日、事件に気づいていない私はオードブルを受取りに「福」へ。

注文が通ってないことを疑問に感じながらも、再度10人前を依頼。注文してないんだから、通ってなくて当然なんですけどね。
開店前に突然やってきた客にオードブル10人前頼まれて、10分で出せる「福」凄くないですか? 本当にご迷惑をおかけしました。

「福」で出来上がりを待っているところに、「福州」から電話が掛かってきました。

オードブル10人前出来てますよ、と。

私は「福」に注文したつもりですから

いや、もう店にいますけど?などと。

こんなやり取りを三往復くらいしました。あまりの事態に脳が理解を拒んでいたのだと思います。

気づいた時には目の前に「福」の中華オードブル。

頭真っ白になりながら「福」の中華オードブルを後部座席に積み込んで、「福州」へ。


「福州」では店員さんが車までオードブルを運んでくれたのですが、謎の後ろめたさが。「福」のオードブルを見られまいと、助手席に運んでもらいました。

劇団Tシャツを着ていなかったら危うく一人で中華料理10人前の食べ比べに挑もうとしてるヤバいやつだと思われるところでした。ありがとうCブレンドTシャツ。

こんなコントみたいなことあるんですね。我がことながら驚きました。みんな、本当にカンパありがとう。


今回の事件の教訓はひとつ。
福も美味いが福州も美味い。

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL