杉山へ。
flumpoolの記事、読んだよ♪
「この人たちにはこうあってほしい」っていう、まんまな感じで良かったよ♪

と、いうわけで今日は、
flumpoolに熱い彼女。

杉山彩(♀)
以前、flumpoolの記事に食いついて以来、彼女との会話の半分はflumpoolである。
初回限定特典付きのアルバムを求めて、レコード店を片端から回り、
店員に激しく抗議など(「なんで置いてないんですか!探してください!」的な)をして手に入れたという武勇伝を聞き、
今回、意図してはいなかったキャスティングがぴったりだったことを実感したりしている。
そんな杉山は、役作りの必要はあまりなく、現在は、顔筋を鍛えることがもっぱらの課題。
下がらない口角を下げる練習に励んでいます。
それから、共演者の奇行に対して笑わない練習に励んでいます。
杉山が貸してくれた、flumpoolの特集の雑誌を見る暇がない。
最近なんだ。佐藤がポスターを稽古場に貼ったりして。Cブレンズがflumpoolに食いつきすぎじゃないか。
杉山に「別府いわく、まじでかっこいいです!鼻血噴きますよ♪」とか言われたけど、
かっこいいと言うより、むしろ・・・

先日『世界弾丸トラベラー』で、しずちゃんと凛花が、
「大人の女になったなぁと実感したとき」の話をしていたが、
「若い男の子とか見て、かっこいいなぁて思うんやなくて」
「わかる!『カワイイ』でしょ!!」
「そう!」
って言ってたけど。あーそーそー、とか思ってしまった。
っていうか「男の子」という表現がすでに。
職場でも「姉さん」って呼ばれるようになったしな。

さて、では今日は姉さん?

服部華苗(♀)
滲み出る美しい恐ろしさ必見。怪談とかやってほしい。
けっこうな演技派らしく、初回のエチュードで、宇高と「別れ話」というお題で絡んだとき、
お互い熱が入りすぎ、かなり縺れて華苗が泣き出した。
その後、エチュードを切っても涙が止まらず、宇高をうろたえさせたのは前に書いたが、
女の子は一度スイッチが入ると涙が止まらなかったりするので、宇高はあんまり気にしなくていいと思う。
それはさておき、顔立ちとか、演技とか、大人びて見える華苗だが、実のところ隙だらけである。
よく、何もないところでこけたりしているんだが、
今回はそういうキャラじゃないので、舞台上ではこけないでほしいと思う。
また、別の意味で怖いのは、女の子にはやさしいが、男の子には評価が厳しいこと。
たぶん一番被害を被っているのは柴田。
日曜の稽古日誌です。

土曜日ようやく姿を見せたレジェンド後藤が、弟のインフルエンザの看病のため日曜欠席。
で、土曜日欠席していたレジェンド佐藤が、後藤と会えずじまい。
月曜日はまた後藤来るよ、と言うと、
「月曜あたし来れないんですぅ・・・」
火曜からは稽古場の関係で4日間の休みに入る。
後藤と佐藤の間では、お互い伝説のままだ。

では、今日の稽古風景。
090308_145426.JPG
「まりちゃんマン」参上!

稽古場が寒いので、パーカーのフードを被り、ブランケットをマントさながらに羽織る別府真梨。
しかも、今日はメガネ。

衝撃のビジュアルに、共演者が耐え切れず、
「ちょっと悪いんだけど、まりちゃんマン、マントとってくれる?」
「あ、はぁい」
っていう楽しい稽古場です。

本日の収穫。
「稲塚は、ハードルを上げれば上げるほど味が出る」
昨日は精神状態に配慮して稽古を中断しましたが、
その必要はなかったようです。

そして、稽古後の輪組みのネタでは、
宇高が「今までやって一度もウケたことないネタやります」とハードルを下げまくり、
ありえない完成度で爆笑をかっさらいました。
このネタのとき拍手が起こったのは初めてである。

本日、微寝ぐせ。

昨日の稽古では、
別府をいじめ、彩をいじめ、柴田をいじめ、さいごに雄一をいじめました。
これ以上続けるとかわいそうだったのと、
他のシーンは欠席者が多くてできなかった関係で、
だいぶ早めに稽古を中断しましたが、

今回の役者たちは、いままでになく真面目とゆーか、
人数が多いからか、芸でつながっている感じがあり、
ついついガッツリ稽古してしまう。
『チケッツ!』では基本的に「放し飼い」だったのが、
今回けっこう作りこんでいます。
Cブレンドの新境地か?

さて、では今日の稽古で初演技のこの人。

後藤匠(♂)
受験の関係で、顔合わせには来たものの、エチュードもこれまでの稽古もラジオも来られず、
現役時代の演技をちらっと見たのと、個人的にしゃべったことは何度かあっても、
メンバーとして演技を見るのは今日が初めて。
という、伝説の男。やっと存在が確認されました。
そのたたずまいから「味」系の役を割り当ててあるが、
なにしろ脚本を渡したのが昨日なので、今後の進化に期待である。
匠曰くの「裏演出」、つまり役のバックグラウンドが固まってきたころが楽しみだ。
同僚に、朝7時から教育テレビでやってる子ども番組が、おもしろいから見るといいよって言われた。
あいはらは、前の記事にも書いたけど、7:20に起きて7:35に家を出ているので、
「無理です」
って言ったら、ためしに一日くらい早起きして朝ゴハンでも食べながら見るといいよって言われた。

しかたないので、一日限定で頑張ってみたのだが、
朝7時から教育テレビでやってる『シャキーン』って番組、

シュールすぎる・・・

夜11時くらいにやってたら喜んで見るけど、
朝からコレは、正直キツい・・・。
でもおもしろさは保障します。

さて、今日はこの子。

嶋田綾佳(♀)
大きな目をふだん3分の2しか開いていないところとか、いつも肩をすくめている感じとか、声の質とか、ほっぺの赤さとか、
ぱっと見のメルヘンさ加減に対し、本人は完全否定である。
ふだんはかなり、さばけた性格だ。
でも今回あいはらは、嶋田のメルヘンを最大限利用しようとしているので、頼むよ、
と言うと、無言で力強くOKサインを出してくる。・・・男前。
そして、お菓子争奪戦では、動きがかなり速い。
佐藤とかが、お菓子の前に陣取って動かないのに対し、少し離れたところにいるのにちゃんと食べている。
ハンターか。
まだ嶋田のシーンはあまり稽古をしておらず、これからが楽しみである。