そろそろ、『Cブレンド』の再演ができそうなラインナップになってきましたね。

しかし、去年買った喫茶店のテーブルセット、うちの現役が稽古中に有効活用しすぎて、椅子の一個が背もたれ取れてるんだよ・・・。
めっちゃ探して見つけた逸品だったんですがね・・・。
さらにカウンターもバラしてしまったし。
なんかやるきうせるわ〜。

過去になんかとらわれず、テーブルセットも買いなおして、もっといい舞台で再演、といきましょうか。
その前に、新しいメンバーも混ぜて芝居作りたいので、やりたいこととか、やりたい役とか、どんどん個人的に情報ください。
Cがブレンドします。

今日も寝ぐせがたっている。
職場内の、寝ぐせ立ってるランキングの上位にランクインするのも時間の問題だ。


みなさん、お久しぶりです!!

元気に演劇やってるみたぃで良かったです^^
Cブレンド第1期メンバーの愛ちゃんです♪


大分、書き込むの遅くなってごめんなさぃ。

SDALみたぃな感じの人を始めとして、私のかつての仕事仲間はるちゃんも元気そぅで何よりです。

私と同校のヘタれにも書き込ませるよう言っておきます。

…彼とゎ何気にたまにご飯を食べに行ったりしています 笑"



にしても、あのCブレンドから1年ですか!!

時が過ぎるのも早ぃものです。

そして『チケッツ』の役者メンバーゎみな平成生まれですか!!

若ぃ!!これからゎ平成生まれですね……あら、ヨダレがw



…そぅそぅ実ゎ只今の時刻、深夜4時をまわっています。

お肌に悪ぃですね。

実ゎ後期試験見事に追試に引っかかりまして。
得意の一夜漬け中ですw

おつむゎあの頃から変わっておりません。




そんな私にも2月14日にチョコレートをあげる相手ができました。


どこぞやの餃子の様な作りのチョコレートとなんだかしょっぱぃクッキーをあげました。

あとジャケットもあげました。


貢ぎ屋な所も変わりませんw


そんな得たいのしれなぃチョコを毎日1つずつ大事に食べる優しぃ彼にゎ

『それもぅ腐ってんじゃなぃ?』

と注意しておきました★
冬だからって油断は大敵♪


しかし彼ゎ

『愛ちゃんにいじめられるとキュンッ…てなる』

と言っていたので、凹凸うまくいってるみたぃですw


四日市の某ホテルの様に(当時ゎよくお世話になったものです)365日恋愛な私にとって、最近の日々ゎ順風満帆です(おつむが弱ぃヤツほど熟語を使ぃます)!!



それでゎまた、3月頭にヘタレと一緒に品定めがてら4校に練習見に行きたぃです☆



みんな練習頑張ってね♪


P.S.
『サチアレ☆』の発音ゎ『バチコイ』と同じですか?

いっこいっこは大した仕事じゃないんだけど、
積み重なると当然キャパシティをゆうに越える。
ところが、頼んでいる人的には大したこと頼んでるわけじゃないから、
「なにやってんだって相原はもぅ〜」ってなる。
ごめんなさい、ちょっとまって、いま、じゅんばんに、やってるから・・・

この前、夫の携帯に電話をかけたとき、中村か?ってくらい他人行儀だった。
質問に対して「はい」って返事をする。
しばらく他人行儀な夫と話して、なんでそんなに他人行儀なの?って聞いたら、携帯と家電に同時に電話がかかってきていたとのこと。家電のほうはさっき切ったとのこと。
なんで同時に出る。っていうか出られる。
ふつう・・・かどうかわかんないけど、私だったら、記録の残る携帯電話はひとまず置いて、とりあえず家電に出て、あとで携帯にごめんね家電かかってきてさ、ってかけなおす。いっぺんに二つなんて無理。
・・・人生のキャパシティの問題なのか?

ところで、このとき家電にかかってきたのは間違い電話で、
もしもしって出たらおばちゃんに「ひろあき?!」って聞かれたらしい。いや、ちがいます。
しかもこのおばちゃん、初めてではなく、夫は最近何度もこのおばちゃんと、
「ひろあき?!」「いや、ちがいます」という会話を交わしているという。
ひろあきくんのお母さん、これ読んでますか。
Cブレンドは、息子さんの電話番号を確認されることをおすすめいたします。
ぜったい読んでないですね。
お久しぶりです、chamaです。
みなさま、特に主宰!報告です!

就職後の配属先が正式決定しました。
桑名の大型スーパーの中にあるパソコン教室です。

蟹江だと思ってたんですが、当初の希望と際限ない期待通り、桑名。
必ず定時帰宅、定休日の月曜が必ず休みっていうのが魅力!
ヴィクトリーーーー!エイドリアーーーン!(貧乏男子風に)

あれこれ悩んだけど、一番いい結果に落ち着いたんだと思う。
いろいろな事が芽を出し始めたいま、ここを離れるわけにはいかなくなった。
これからもこのステキな街と、このステキな仲間達と一緒に生きていけるのが、
本当に、何よりもしあわせ。

よーし、がんばるぞ!エクセルの復習だ! 完璧に忘れてるもん(笑)

とりあえずカンタンにご報告まで。
誰かに報告したくてしょうがなかったもん(笑)

桑名のみなさま、4月からよろしく。
四日市のみなさま、これからもよろしく。

まずは主宰のおウチに泊まりにいこうっと♪

個人的キリ番774を踏んだのでカキコしてみました。みなさんお元気でしょうか?

って文章を昨日打ったまま携帯閉じてたそんな僕です。

どうにか昨日福井での本番を迎えましたー。
僕だけみるとグダグダな芝居でしたが全体的に成功を納めたと思います。お世話になった皆さんにこの場で礼


さて、遊ぶぞー


<大学祭の準備始めるから明日から朝登校厳守な。


o________rz
おひるごはん たこやきやに。

昨日うるるんに出ていたAAAの日高っていう人、
私の勝手な妄想だけど、弥生時代のヒーローとか演るといいと思う。ワカタケルっぽい。
くしゃくしゃの髪を後ろにひっつめた横顔の感じや目力が精悍だった。
磨製石器のやじりがついた弓とか引いてほしい。
きっとすごく絵になる。

昨日の稽古の休憩のときに、歌手とかタレントとかっていう役者じゃない人が、話題性とかで映画やドラマに出るのは許せないって話になってましたけど、
こうして妄想から「ハマり役」として発掘するってのはどーですかね?
許されますか?

でも気をつけないといけないかもしんない。
イメージだけで過信しすぎると、滝翼のタッキーみたいなことになっちゃいます、きっと。
タッキーは英語の台詞を吹き替えで入れたら、きっと海外ですごく売れると思う。
外国の子役が上手く見えるトリックと同様。
役者の真価って、台詞まわしなのかもね。
……とか言わないで。
今日の稽古は、人が極端にいなかった。

いとう、しみず、だいとく、わたなべ。以上!
みたいな役者のそろってなさだった。

午前中は清水と渡部の動きをつけるも、
清水が抜けて午後は役者がなんと3人。
しかもお互いぜんぜん絡まない人々。

どーしろと。

仕方ないので、舞台に置くボックスを、ささくれが痛くないように磨いてもらいました。
つるつるになりました。

そのあと、ひとりの練習のために代役を3人も4人も立てるという極限状態に。
たとえば、伊藤の練習のために、山下=だいとく、渕野=なかはら
あるいは、大徳の練習のために、山川=なかはら、山下=いとう、中村=わたなべ、
ひどかったのは、渡部の練習のために、大徳は出ていて、木下=なかはら、渕野=いとう、山川=あいはら、中村=あいはら……そしたら途中で代役を設定していなかった山下がしゃべって、どうしようかと思った。
もう意味不明の重態である。
役者的には、ちょーやりにくい。
わかってるよ、わかっててやってたんだよ。

べつに遊んでいるわけではなく、演出にとっては重要な時間だったのです。
外堀から着実に埋めるんじゃなくて、ちっちゃい石をいくつか投げ入れてみて様子をみようという作戦なのです。

今日はお客さんが来ていたんだけど、きっと、なんじゃこりゃと思ったでしょうね。
まともな練習が見れなかったばかりか、ボックスを磨かされたり、鶴を折らされたりした大橋さん、
ごめんね、そして差し入れありがとう。
おいしかったです♪
今日の稽古に来なかったやつは、大橋さんの手作りケーキを食べ損ねたノダ!
やーい。
今日は舞台監督会議でした。
スタッフ諸君は土曜学習会のため欠席。
資料あずかっとるよ。

中原に本を借りた。
『コップとコッペパンとペン』福永信:著
ちらっと読んだ大徳は、「展開速すぎ」と首をかしげたし、
中原は「落ちるはずのところで落ちなくて、落ちないはずのところで落としてくる」と言って大喜びだった本である。
帯等の情報によると、「1行先が予測できないスリル」だとか評されておりましたが、これは決してスリルではない。

夢だ。
「これは夢を見ているのだ」ということがわからないまま夢を見ているときの感覚だ。
夢の中では、どんな突拍子もないことが起ころうと、次の瞬間にはそれが当然のなりゆきであるように、また平然と現在の状況に必死になっている。

ふと思い出したのは、「シュルレアリスム(仏語です。英語ではシュールリアリズム、つまり超現実主義)」の文学における「自動筆記」の手法である。
絵画としては、デ・キリコをはじめ、サルバドール・ダリやマックス・エルンストなどが有名なシュルレアリズムであるが、彼らが目指したものは、人間の理性や論理的思考を外れ、もっとも根源的、自分の奥深くに眠っているもっとも純粋な部分を抽出することにあった。
だから小説や詩というものも、決して考えてはいけなくて、論理的思考を撤廃し、まったく無の状態で思いつくままに単語を羅列し、そうして出来上がった文章が自分のもっとも純粋な思考内容である、というのである。

ただ、『コップ〜』は自動筆記とはまた違う。
ちょっと北原白秋の『邪宗門』扉銘っぽいとも思ったけど、あれはどことなく意図的だからまた違う。
『コップ〜』は、飛躍の中にもまったく脈絡がないわけではなく、論理的制約がないだけなんだ。ものすごい広がりのある思考の中を、自由に浮遊するとこんなところに着いちゃいました、みたいな感じ。
読んでてすっごいきもちいい。この浮遊感が。
平日に休みをとって寝坊して、起きようとしているくらいの時間帯の感じ。
ずっと無責任に夢を見ていたんだけど、起きたらぼんやりとした輪郭くらいの記憶しかなくて、でも覚えてなくてもぜんぜんいいんだよ、っていう解放感。

たまらんですな。

しにそうにねむい。

昨日の稽古場の模様を報告です。

まず、「リアル山下」であることの安心感。
前回の稽古で、いなかった山下の代役を中原が読んでいた。
中原、忠実に山下のしゃべりを再現。
あまりに似すぎていて、というか、いかにも山下らしく作りこまれていて、ホンモノの山下がどんなだったか皆わからなくなった。
今回は「中原版山下」で作ったところを「リアル山下」でやりなおし。
あぁ、これだ、これこれ。しっくりきますね、やっぱり。
これを一番望んでいたのは、たぶん山川。
それでもまだ渕野と清水がいないという悲劇。
まけるな山川。

昨日はバレンタインデーということで、手作りチョコレートを持参の女子メンバーがたくさんあった。
ほとんど恒例となりつつある中原のロシアンルーレットでは、みんな何に当たったのでしょうか。わさびだの、からしだの、赤味噌だの、いろいろ入ってたらしいですが。
私はお好みソースだったよ。未知の世界に足を踏み入れたよ。
一瞬、「あ、有りかも」と思ったのは、すぐに間違いだったと気がついたよ。
ああ、大徳や山川のノーマルなチョコ菓子がどれほどありがたかったことか。
私は男子諸君に板チョコをプレゼントしたのだが、
稽古終わりに木下が渡部に、それを使っての一発芸を振った。
猛烈に嫌がりつつも、見事やってのける渡部。
振るほうも、やるほうも、さすがの劇人魂である。
節分は忘れていて、恵方巻きなど食べず、かろうじて豆まきだけしたという私も、この日だけは忘れません。
朝、バスの中でも電車の中でも、紙袋を持った女性が目立つ。
今日ばかりは、その紙袋の中身はお弁当ではない。
バレンタインデーですね。
この光景が好きだ。朝の女性たちの紙袋姿。(何萌え?)

職場も心なしか浮かれている。
私は朝一でMr.こばやしにチョコレートを渡しに行った。
めいっぱいのアイを込めて。舞台装置の件を重ねてお願いしてきた。

私は働き始めてから、バレンタインデーが「贈る」だけのイベントではなくなった。
今や夫よりたくさん貰って帰ってくる妻。
一限目、授業終わりに廊下へ出たら、「出待ちしてました!!」と女子生徒に囲まれた。
ファンというのはありがたいものです。←と、一度言ってみたかった。
デスクの上に山と積まれた手作りスイーツを前に、始終にやにやしている冬の午後。
さあ、コーヒーを淹れよう。

バレンタインデーにおいて、女性という生き方は贅沢だ。
男の子たちは、たとえ義理チョコであっても、貰えるか貰えないかでテンションがかなり左右される。大問題である。
しかし女は、男子のテンションを上げるも下げるも自分次第。
ふだん脚光を浴びないタイプの自分でも、その行動が注目されるのだ。
さらに、あげる楽しみに加え、思いがけず貰えちゃった幸福まで味わえたりする。
女性同士でやりとりをするチョコレート「友チョコ」である。(『スーパー大辞林3.0』より)
最近では自分用に高級チョコを買う女性もどんどん増えていたりする。

私は、明日以降に値下げされる高級チョコレートを、買いだめます。
ふだんのおやつ用に。
男の子がこれをやると、すごく悲しい人みたいになる。